ひとの生きかたに、これという尺度なんてありはしない。だから、あとさきなんて考えずに、おもいきり自分の生きる力をあばれさせてしまえばいい。失敗なんてありはしない、自分の力のかたまりを自分でかみしめるだけなのだから。

自分の生きる力をじゃんじゃんひろげ、そこに充実をおぼえていく。大杉は、それを生の拡充とよび、ひとが生きるうえで、いちばん大切なことなんだといっている。

 

村に火をつけ、白痴になれ /栗原康

大杉栄が話すには

すげえわ 伊藤野枝

f:id:tameikitan:20170920224623j:imageああしなきゃいけない、こうしなきゃいけないという愛のかたちなんてないとおもっていた。

 

キュウクツだとおもったら、いつでもすべてふり捨てて、あたらしい生きかたをつかみとる。あたかも、それがあたりまえのことであるかのように。というか、生きとし生けるものにとって、そういう衝動というか、やりたいとおもったことをおもうぞんぶんやる以上に、大切なことなんてないとおもっていたのだろう。

 

村に火をつけ、白痴になれ / 栗原康

有給がとれたら、5日かんくらい、旅行する 国内を 決めた

240まんえん。。ぐわわ。。

滞納してる保険金などぜんぶはらう。親にお金を返す。もともと貰うはずだったおかねです。

自己啓発書は、自分がない人が読むもの 

斬首 野々花子

 

うん 働き方の本とか、バイトやめるとか、会社にとらわれない生き方とかいっぱい本がでてて、 うん もう会社ではたらきたくないし、なんならあんまりはたらきたくないよー、っておもっていつも手に取るんだけど、どれを読んでも、はいはいはーいわかったわかったわかったしってるしってるよ ってなるのがふしぎだった ぜんぜん頭に入ってこないのだよ 

 

もう、身を以て経験してまったので読むまでもないのだ ぼろぼろになって、いっぱいいっぱい考えて気づいた わたしは、気が向いたらたまに働いて、質素に暮らしてけたらそれで幸せ 

 

わたしには自分がないのかと思ってたけど、全くそんなことないな 相変わらずのがんこちゃんだった

ありがとたろさん

黒のTシャツだけを着てたい

f:id:tameikitan:20170820155532j:image

ユニクロ 1枚590円 メンズのsサイズ 

そで長さもちょうどよく柔らかくて着やすい 

2017/8/19のよる 調子のよい日覚書

気持ちがすん、と落ちついている

今日はお昼を食べた後ひるねをしてしまった しょさんはスタジオに行っていた 1800 支度してフレスコの近所のドトールへ行った

アメリカンコーヒーをたのんで計算のつづき 一瞬店内ががらがらになってお客が2、3人になった 田舎の店ぽくてよい 四条のドトールはほんとうに地獄みたいだから 

二杯目をのんで 2100くらいにでる フレスコで大根と納豆、水菜、たまごをかう

夜道をチャリでスイスイ走る 髪の毛がぶすになってもだれにもみえない 夜のチャリがやっぱり好きだな

しょさんはラーメンを食べてきたそうなので、明日の朝用といまから食べるぶんと、三人前の味噌汁を作る。具は大根、しめじ、あぶらげ

それと大根おろし、納豆。

二人とも風呂に入り、わたしは本を しょさんはまんがをよんでる 静か 動いた時のシーツが擦れる音しかしない

 

こころが乱れてしまうと、声がへんに高くなって強いことばを発してしまったり、人に当たったりしてしまう あたまが熱くなる

 

わたしがわたしでいれた今日のことを記しておく