顔を洗おうと起きあがってユニットバスに向かい、鏡を見ると、わたしだった。思っていたよりもぶすではなかった。

鏡をにらむ表情が、なんだか岡崎京子の描く女の子に似ているな、と思った。うれしい。目のかたちがアーモンドみたいでよかったな。