“ある日、珍しく二人きりで夕食をとっていたとき、サガンは夫にその日あったことを話そうともしない自分に驚いた。夫に話すことがないのだ。突然のことだった。だが、これは彼女にとって決定的なことでもあった。彼女にとって愛するとは、生活を共に楽しみ、相手を喜ばせることだったのだ。“

サガン 疾走する生』