自己啓発書は、自分がない人が読むもの 

斬首 野々花子

 

うん 働き方の本とか、バイトやめるとか、会社にとらわれない生き方とかいっぱい本がでてて、 うん もう会社ではたらきたくないし、なんならあんまりはたらきたくないよー、っておもっていつも手に取るんだけど、どれを読んでも、はいはいはーいわかったわかったわかったしってるしってるよ ってなるのがふしぎだった ぜんぜん頭に入ってこないのだよ 

 

もう、身を以て経験してまったので読むまでもないのだ ぼろぼろになって、いっぱいいっぱい考えて気づいた わたしは、気が向いたらたまに働いて、質素に暮らしてけたらそれで幸せ 

 

わたしには自分がないのかと思ってたけど、全くそんなことないな 相変わらずのがんこちゃんだった

ありがとたろさん